11月29日(日) 長野県伊那市高遠町で
「 道犬協第39回関東連合展覧会 」が開かれました(#^.^#)

さぁ開会式です!!

開会式

開会式


お天気は最高の晴天!!
審査員の先生は、斉藤先生・梅本先生

宗北龍も今期最後の展覧会です。

先ずは、宗のご報告を(#^.^#)

「 固体審査 」
担当審査員の先生は梅本先生でした。

若犬牡組 2頭の出陳でした。

固体審査の始まり

固体審査の始まり

まずは、碁壱君の固体審査。落ち着いています!

さぁ宗北龍の固体審査の始まりです。

固体審査

固体審査

ちょっとバタバタしながらも固体審査はスムーズに進みました。

歯牙検査

歯牙検査

最大の難関の歯牙検査です!!

慣れて来たかな。

慣れて来たかな。

歯牙検査も慣れてきて、大人しく見せれるようになりました。
いつも私が覗き込んでしまい、帽子が先生の邪魔になっているので、
固体審査では帽子はかぶりませんでした。
私が覗き込んでも意味がないので、覗き込まなければ良いだけなのですが :oops:?

比較審査の始まりです。

若犬牡組

若犬牡組

若犬牡組 2頭
No10 碁壱:広尾北進荘 柄澤ヤスコ氏ご愛犬
ハンドラーはトムさんです。
No11 宗北龍:稚内武方荘 細江 重行

ハンドラーは私です。

今期色々考え、色々試したのですが、
今日は、宗北龍の歩くのを止めないようにしよう!!
と、色々な思いを断ち切ってリンクに上がりました。

歩様は決して良いものではありませんでした。
「決定!」の言葉が出た時、
トムさんが、前にいく様に促してくださいました。

沢山の課題も残りましたが、
今期の最後に1席をいただくことができた事は
ありがたい&嬉しい!気持ちでいっぱいでした。

秋季展覧会はちょっと厳しすぎるほどの予定でしたので、
これからはゆっくり宗の様子を見つめながら
運動・歩様の練習の日々を送りたいと思います。

まずは、宗北龍のご報告をして

明日につづきます(#^.^#)