宗のトレーニング

宗がレッスンを受けているのは、毎週1回。

宗が教えていただいているのは「MUSIC MOTION」我が家の近くにあるドッグスクールです。

先ず初めに聞かれたのは、

「いま困っていることは?」「北斗君と違うと思うところは?」
それはやはり「甘噛み」等への「叱り方」でした。

北斗の経験があったので、この位は想像していたし、北斗と比べると、宗の方が「甘噛み」はましだったので、
楽には感じていたのですが、3か月を迎え「力」もついてきて、叱り方について迷いが出てきていました。

宗は、我が家へ来た頃、ちょっと噛んでも「違うよ!」と声をかけるとすっとおさまっていたのですが、流石にだんだんとやさしく「駄目だよ」というぐらいではおさまらなくなってきていました。

いつも何かを齧っていた北斗

いつも何かを齧っていた北斗

3か月生後91日の北斗です。↑

やっぱり噛むよね

やっぱり噛むよね

宗も同じ3か月生後91日目の写真です↑

上の写真は全く同じ月例の、北斗と宗です。

今宗は、テンションが上がると、スリッパと腕を噛んできます。厚物の服の感触が良いようです。

今は、冬服なのであまり痛さは感じませんが、強く叱ると余計にテンションがあげる様になっていました。

 

先生は、宗に考え、気づかせる事を大切にされ、私たちの生活パターンに順応するように考えていらっしゃいます。
( 北斗の時は、もっと月例も進んでいたので、厳しさがだいぶありました。月例、性格、犬種などをみて対応されているようです。 )

☆第1回目:こちら側も宗のテンションをあげさすようなことはしない。悪いことをしたら即、反省台。
 宗が大きくなったので反省台も大きなものに変えました。

宗の反省台

反省台が大きくなったのもあってすぐに横になります

極端に褒めることもしません。「このぐらいは普通の事だよ!」という気持ちを持ちながら私たちが和やかにしている。

悪いことをしたら、「私たちには嫌な事」と感じさせる雰囲気を作る。

 

劇的なやり方のトレーニングではありませんが、このことで、噛まれることはだいぶ少なくなりました。
お陰様で、私も主人も手に怪我はありません。

☆第2回目:バリケンに入り、声がかかるまで、出てこない。「待て」のレッスンです。
いつも最後は寝てしまいます。

 

☆第3回目:歩く練習と、ハウスで待つ練習です。
ハンドラーの左につき、歩様を整えて歩く練習。
( 家の中はそんなに広くないのですぐにターンになります
 )

 

☆第4回目:前回の復習と宿題のご披露。そして今日の課題、細い道を作り、両脇に当たらないように歩く。
( 細く作った道を往復するのですが、宗は得意な方があります。)

 

☆第5回目:復習、宿題の確認の後、マズルコントロール。歯を触り、歯を見せる。そしてマズルを持ちゆっくり上にあげたり下げたりする。
最後は、パッカーンと口をあいてみせるぐらいになるのが目標です。

宗は、この課題は問題なく、スクールの先生にも歯を見せていました。

週替わりで、トレーニング内容はかわりますので復習&宿題が大切です。

レッスン以外の時も、宗は、家の中でもショートリードをしています。
これも先生のお考え。

「たっぷり時間をかけて、宗が気づき成長するのを待ちます」
これが案外大変です。つい生活の中で、時間が取れないときが多いのが反省点です 😳 

 

トレーニング中の写真がないので、

今日お散歩に行った時の写真を見ていただきますね(#^.^#)

お散歩

レッスンのない休日、ゆっくりお散歩です。

 

アッ!何か見つけた!

グランドで誰か遊んでる

グランドで誰か遊んでる

 

おっとこっちにも沢山のわんこちゃんがいました!

 

誰かいる!

沢山のミニュチュアダックスちゃんがいます

わぁぁ何頭いるのかな?? byそう

 

沢山のダックスちゃんのお出迎え

沢山のダックスちゃんのお出迎え

次々に興味がわく年頃ですね。

次は公園で遊ぶこどもたちです。

テニスしてるよ!

テニスしてるよ!

 

この日は良いお天気最高のお散歩でした。ではこの続きはまた後ほど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*画像の文字を入力してください。

Top