北斗との不思議な思い出

北斗が、病気だとわかる前の日、いつになく家族が全員揃っていました。

「今まで、みんなで北斗の散歩行った事がなかったから行ってみない!」

何気なく、私が提案した事に、子どもたちも何となく賛同し、
行くことになりました。

いつもと同じ元気な北斗。

まさかこの次の日から食事を全くとらなくなるとは
思いもよらぬひと時でした。

今、思っても「なぜあの時、みんなで散歩に行こう」と思ったのか。。。

不思議な出来事でした。

 

北斗。。。

北斗。。。

コメント

  1. フーカママ より:

    そんなことがあったのですね。
    きっと北斗君が「家族全員で散歩に行きたい・・・」という強い「気」を発していたのでしょう。
    それを何気なく受け止めて提案したママさんも「気」に気が付いていたのかもしれませんね。
    思い出すと辛いことかもしれないけど家族全員で散歩が出来て北斗君は嬉しかったわね。

    • hokumama より:

      フーカママ

      この事は、ホクが病気で治らないとわかった時から「どうしてあの時、あんなふうに思ったのだろう?」と思い続けてきました。

      フーカママのおっしゃるように、ホクが私たちに伝えていたのかもしれないですね。
      「もうあんまり時間がないんだ」と。
      いつもの散歩コースを子どもたちと4人。40分ぐらいの散歩でした。9月の終わりでしたので、日中は、まだ暑さが少し残り、、夕方の涼しい風の吹くお天気の良い日でした。

      私たち家族も4人でいろいろな話をし、子どもたちが大きくなったと感じた時でもありました。

      ホクは私たちに少しでも後悔をさせないようにしてくれたのだと思っています。

  2. まりも より:

    先代のチャウが亡くなる前の日、
    いつもはしろを私が連れて散歩に行くのにその日は私がチャウを連れて散歩をしました。
    主人が代わってくれたのか、私が代わってくれと言ったのかもう覚えていませんが、
    なぜあの日に限って代わったのかと思うことがあります。
    そういう事ってあるんですね。

    • hokumama より:

      まりこさん

      そうですか。。。やっぱりそういうことあるんですね。不思議ですが、偶然ではない何かが働くのでしょうね。

  3. いつも読み逃げさせて頂いていました m(_ _)m
    北斗くんファミリーも、北斗くんと不思議体験をされてたのですね!
    私も 実家の先代犬が亡くなる前、
    いつもは撮らなかった車内で写真を撮っていたり、
    ドッグフードを買い込んだことなんてないのに 買い込んでみたりと、
    あとから考えてみると、いつもと違うことをしていました。
    本犬も、いつもは獣医さんのところで貰うおやつを食べなかったのに、
    後に最後の病院となった日は、不思議なことに 獣医さんからもらったおやつを食べたり…。
    大切な家族が亡くなった後、いろいろと後悔することもたくさんありましたが、
    『今』という時間を大切にしないといけない!ということを、
    その実家の先代犬が、痛いほどに教えてくれていったのだと思っています。
    北斗くんも きっと、ママさん達に大切なことをたくさん残していってくれたことでしょうね☆
    ご家族揃ってお散歩へ出掛けられたのは、きっと北斗くんが 家族みんなでお散歩へ行きたい!と
    強く願ってたのが、ご家族の皆さまに伝わったのでは?!そんな気がします(*^_^*)☆

    • hokumama より:

      カムイママ

      そうですね。本当に我が家もドッグフードが1袋残っていました。ホクが私たちに伝えたかったこと。。。

      なんか。。。感傷的ですが、ホクは最後まで、私たちに心配させないように、後悔させないように。。
      そして負担をかけないように。。。

      駆け抜けていった感じがします。カムイママにも北斗にも会っていただきたかったです。
      ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*画像の文字を入力してください。

Top